鋭敏な心

最も鋭敏な心とは、経験によって研ぎ澄まされた心です。


これは、対人職と言われている仕事には、基本的には全て当てはまるコトバですね。

鋭敏=感覚が鋭い という心を持つためには、様々な経験を通して
色々な「パターン」を体験する必要があります。

そして、そんな経験した「パターン」が積み重なって、徐々に感覚が研ぎ澄まされていきます。

ですが、ここには一つ落とし穴があって、たくさん経験を積めば積むほど
「あ、これはこのパターンだな…」とか「多分この後はこうなるだろう…」とか
そういった「決めつけ」がどうしても出てきてしまいます。

様々な経験によって、研ぎ澄まされていたはずの心が、さびつく瞬間ですね。

こういった事を防止するには、とにかく「決めつけ」をしないように心掛けるしかありません。

自分自身、経験を積んで、立場や仕事が変わるごとに、いつも心にとめている事の一つです。
[PR]
by kkko-ta | 2014-01-17 00:19 | コトバのタカラバコ③
<< 明日、ママがいない 真実 >>